俳優

【顔画像】真木よう子の離婚原因はW不倫と格差婚だった?元旦那と子供の現在は?

真木よう子

真木よう子さんといえば、数多くいる芸能人の中でもスタイル抜群でかっこいい女優さんです。

クールでミステリアスな雰囲気の真木よう子さんですが、私生活ではシングルマザーとして溺愛している子供と2人で生活しているそうです。

今回は、そんな真木よう子さんのプライベートについてご紹介します。

真木よう子の元旦那は片山怜雄!

真木よう子さん
プロフィール

名前:真木 よう子(まき ようこ)※本名非公表

生年月日:1982年10月15日

出身地:千葉県

職業:女優、歌手

真木よう子さんは、中学校卒業後の1998年に「無名塾」に入塾しました。

無名塾は、俳優の仲代達矢さんが主宰の俳優養成所です。

真木よう子さんの他に、俳優の役所広司さん、滝藤賢一さんも無名塾出身で、これまでにドラマや映画で活躍する役者を輩出してきました。

当時、入塾希望者約1000名の中から5名だけ選ばれた合格者の内の一人が真木よう子さんでした。

真木さん

無名塾退塾後の2001年には、「茂七の事件簿」でドラマ初出演。

同年に映画「DRUG」でスクリーンデビューを果たします。

2006年には、映画「ベロニカは死ぬことにした」で主演を勝ち取り、作中では大胆なヌードシーンを演じたことで話題になりました。

真木よう子

その後も映画やドラマに出演し続け、2013年の映画「さよなら渓谷」で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。

演技派女優としての地位を確かなものにしました。

映画やドラマ以外に、アニメ声優や写真集出版など、新たな分野へと挑戦を続けていた真木よう子さんですが、プライベートにも変化がありました。

真木よう子さんは2008年11月に結婚を発表しました。

結婚のお相手は、片山怜雄さんという男性でした。

一体どのような方なのでしょうか。

片山さん
プロフィール

名前:片山 怜雄(かたやま れお)

生年月日:1982年4月1日

出身地:兵庫県

職業:元俳優

2人は、俳優の永山瑛太さんによる紹介で出会ったそうです。

片山さんは、2003年のドラマ「WATER BOYS」に水泳部のキャプテン役として出演。

ウォーターボーイズ

共演者である永山瑛太さんとは友人として交流がありました。

真木よう子さんと片山怜雄さんは当時23歳。

同い年だったこともありすぐに意気投合し、3年の交際期間を経て、2008年11月に結婚。

このとき、既に真木よう子さんは新しい命を宿していたのです。

真木よう子さん

2009年には第一子である女の子が誕生し、幸せな結婚生活を送っていました。

真木よう子さんは、出産後も女優として精力的に活動していたため、片山怜雄さんが家事全般をこなし家庭を守る役割を担ってたそうです。

スポンサーリンク<広告コード>




真木よう子の離婚理由は常盤貴子の旦那とのW不倫?

真木よう子

公私ともに順調かと思われた真木よう子さんでしたが、結婚から7年後の2015年に離婚を発表します。

慰謝料もなく円満離婚のようですが、実際には2人の間に修復できないほどの問題があったのではないかと言われています。

片山怜雄さんは、真木よう子さんと結婚後、俳優を引退して小説家に転身しています。

俳優と作家のどちらの肩書でも成功しているリリー・フランキーさんに弟子入りし、自身の本を出版することを目指して励んでいたそうです。

しかしその後、数年経っても形になることはなく、アルバイトをしながら家事をする生活だったようです。

変わらず活躍を続ける真木よう子さんとのキャリア差は大きくなる一方でした。

この格差にお互いが耐えられなくなったのかもしれません。

そして、2012年に真木よう子さんがW不倫をしているというニュースが出ます。

その不倫相手は、女優の常盤貴子さんの夫であり、演出家の長塚圭史さんでした。

長塚さん
プロフィール

名前:長塚 圭史(ながつか けいし)

生年月日:1975年5月9日

家族:長塚 京三(父)、常盤 貴子(妻)

出身地:東京都

職業:劇作家、演出家、俳優

長塚圭史さんは、早稲田大学在学中から劇団を結成し、主宰として演出を担当してきました。

以降、現在まで演出家として様々な作品を手掛け、多くの賞を受賞している多才な男性です。

父は俳優の長塚京三、妻は女優の常盤貴子と芸能一家であることでも知られています。

真木さん長塚さん

今回、温厚だった常盤を激怒させた理由がフライデーで報じられた長塚の不倫疑惑。

今年6月、長塚が演出を担当した舞台『南部高速道路』でヒロインを演じたGカップ女優・真木よう子(29)とラブラブツーショットを撮られてしまった。

引用:エキサイト

真木よう子さんは、出演している舞台で長塚圭史さんと出会ったそうです。

当時2人の目撃情報は少なくなく、業界内では仲が良いことで知られていました。

スクープされてはいるものの、どちらも釈明することなく終わっているため、真相は不明です。

真木よう子さんは、自他共に認める男前な性格の持ち主。

兄1人、弟2人の4人兄弟の中で育ったため、真木よう子さんにとっては、女性よりも男性と一緒に過ごすことの方が自然なことなのかもしれません。

そんな性格から考えると、長塚圭史さんは友人以上の関係ではなかった可能性もあります。

スポンサーリンク<広告コード>




真木よう子の元旦那と子供の現在は?

真木よう子さん

現在、真木よう子さんと元旦那である片山怜雄さんはどのような関係なのでしょうか。

2人の間には2009年に女の子が誕生しており、2021年現在は12歳になっています。

離婚後の親権は、母親である真木よう子さんへと渡りました。

現在はシングルマザーとして、娘と2人で生活をしているようです。

真木さん

片山怜雄さんは、結婚した2006年頃に俳優から小説家に転身しましたが、現在はどのような暮らしをしているのでしょうか。

調べたところ、表舞台から遠ざかり一般人になったこともあり、情報はありませんでした。

片山怜雄さんも、大切な娘の父親として新たに活躍されることを期待したいですね。

2016年、娘の小学校入学式の際には、片山怜雄さんも揃って3人で学校に向かっている姿がスクープされました。

この報道から考えると、片山怜雄さんとの仲は良好で、娘の父親として真木よう子さんと協力し合う信頼関係を築いているのでしょう。

離婚後も、娘にとっての父親は片山怜雄さんただ一人。

結婚していた頃は、片山怜雄さんの方が自宅にいて娘と過ごす時間が長く、仲が良かったのかもしれないですね。

スポンサーリンク<広告コード>




真木よう子の離婚理由まとめ

デビュー当時から、飾ることなく堂々と自分を表現してきた真木よう子さん。

お子さんを育てながらも芸能界の第一線で活躍し続ける姿はとても魅力的です。

今後も真木よう子さんを応援しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。